【睡眠対策】には首を温めると良い?

寒くなり、寝床に入ってもなかなか寝付けない日があります。 寒さで悪化しがちな肩こりや首こり、そして不眠も併発しやすくなってきました。 そこで注目したいのが『首』 首には内臓や血管をコントロールする自律神経が集まってます。 自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、肩こりや首こり、不眠によるストレスにより、 交感神経の方が優位になっていると寝つきにくくなります。 そんな時、首を温めるとリラックスできて、交感神経が副交感神経に切り替わるのです。 身体の首とつく部位は温めるほうが良いと言います。 首 手首 足首 この3つを温めて、温活をしましょう。 睡眠は老後も今も大切な生活に必要な要素です。 寝始めの1時間半にしっかりと深い睡眠をすることが大事です。 ストレス解消にも役立つ、首温活。 簡単な方法は、よく市販で売っている電子レンジで温めて肩にのせるだけのものを、 寝る前に首と肩にかけて巻いておくだけです。 是非、やってみてください。 あったかくて気持ちいいです。 私が使っているのは、かなり前の商品ですが、これでよく眠れています。 少しの手間で、良い睡眠をとる工夫をしましょう。 また、外出時にも首は温めましょう。 【メリノウール100%・日本製】2wayあったかスヌード ユニセックス/男女兼用/スヌード/レディース/メンズ/暖かい/レディース マフラー/ネックウォーマー/小物/冬/保温/国産/トモエ繊維/あったか/プレゼント…

続きを読む

【頻尿】とは?老後に向けて今から対策を知っておく。

年齢とともに増えていくのが、おしっこの回数。 特に夜間にトイレに起きるようになると、睡眠に支障が出てきますので、厄介です。 そもそも頻尿とは、どのくらいの回数トイレに行くことを言うのでしょうか? 日中 8回以上 夜間 1回以上 トイレに行くことを頻尿と言います。 夜間頻尿の多い方の死亡率は高いそうです。 歳をとると夜に起きること自体が危険だと言うことなのでしょう。 眠たいのに起きるんですから、転倒する可能性も高いです。 頻尿は過活動膀胱とも言われています。 頻尿体質かどうかを見分ける方法 足にむくみのある方は頻尿になりやすいです。 足がむくんでいるかどうかを自分で試す方法↓ 足のスネ部分を指で押してみて、すぐに元に戻るかたはむくみがありません。 指で押した箇所が元に戻らない(指の跡が残ったまま)、 また戻るのに時間がかかると言う方は足がむくんでいる証拠です。 足がむくんでいる方は夜間頻尿になりやすいとされています。 夜間頻尿をなくす方法 夜寝ている時にトイレで起きる方、つまり夜間頻尿の方は、入浴をすると良いです。 身体の中の水分が尿になるまでには、3時間かかります。 なので、就寝の4時間前くらいにお風呂に入ることをお勧めします。 入浴で、余分な水分が老廃物として体の外へ出てくれます。 そして、就寝時にトイレに行ってから寝るのが理想的です。 その他、足のマッサージをしたり、足を高くして寝るなどの工夫…

続きを読む

【皮膚疾患】によっては身体の内側から治せるものがある。アトピー、汗疱の方必見!ビオチン治療法。

私は昨年から、手のひらや足の裏に水泡ができて痒くなり、やがて乾燥してひび割れする と言う症状が続いてました。 皮膚科に行き薬をもらって治療していましたが、患部にステロイドを塗ったら治り、しばらくすると、また症状が出てくる、の繰り返しだったのです。 そこで、他に直す方法がないかを調べまくりましたら、ありました! それは『ビオチン治療法』と言うものです。 ビオチン治療法 ビオチンとは、ビタミンH、ビタミンB7 とも言われています。 ビオチンは血液をスムーズに循環させる力を持っていて、皮膚の機能を正常に保ってくれ、 皮膚の炎症を抑えたり、コラーゲンの生成にも関わってて、皮膚が再生する力も増える可能性があります。 また、ビオチンが不足すると湿疹ができやすくなったり、寝付きが悪くなったり、爪が割れやすくなったりすると言われています。 逆にビオチンを摂ることでハリのある肌になったりもします。 酵素の働きを助けてくれる補酵素としての役割もあるビオチンは糖の代謝も促してくれます。 まさに良いことだらけです。 ビオチン治療とはどんなもの? 女優の奈美悦子さんが掌蹠膿疱症を治したことで有名になったビオチン治療法ですが、古くからある薬で、急性・慢性湿疹や脂漏性湿疹、小児湿疹などに使われていました。 また、腸内細菌叢改善、便秘解消の意味でニキビの治療とした使用してきましたが、それ以外に酒さ、アトピー性皮膚炎や花粉症の方にも効果があります。「免疫系にも関係して免疫…

続きを読む