【終活】老後というより終活に向けて今できることをする。

久しぶりの更新になってしまいました。 1月の中旬にインフルエンザにかかり、なかなか治らずに今に至り、 今思うことを書いてみようと思います。 長く身体が不調になると、もしもの時、家の中がこのままの状態だったらダメだ!と思いました。 私の家の中には、まだまだ、たくさんの荷物があります。 病気になって改めて見渡してみると、この家の中の荷物を処理するのは大変だな、と。 断捨離を少しずつ進めて来ていましたが、 ここに来て、もっと減らしていかないと、と思ったわけです。 もちろん今の生活に必要なものもたくさんあります。 しかし、必ず必要というわけではない思い出の物等が処理できてないことに気づいたのです。 思い出の物以外にも、大きな家具、ピアノ、などがあります。 この機会に再度見直しをして、最小限の暮らしの準備を急ごうと思った次第です。 思い出の物は写真に撮って写真で管理する、物自体は処分。 大きな家具は和ダンス1つですが、中に和服がたっぷり残っているので今まで処分できずにいました。 着物、着物の小物等を処分しなければタンスを処分できないんです。 まずは、この和ダンスの中身から、処分する方向で三月末までに和ダンスがなくなっている部屋にすることを目標にしていきます。 タンスは重くて大きいので、もしもの時にあるのとないのとでは、処分する人の労力がかなり変わって来ます。 今回病気になったことで、かなり断捨離に焦りが出て来て、返って良かった…

続きを読む

【終活】のためにモノと向き合う。何から向き合うか?考える前に動こう。

先週は紙類の整理、処分をしました。 紙類は整理するのにも、時間がかかります。 何でもかんでも捨てるわけにはいきません。 *関連記事* 【終活】のために、今の生活を楽にする、空間を作り。 紙類の処分で大切な3つの事 1. 個人情報の書いてあるものは、シュレッター。 2. 残しておく必要のあるものには保管場所を。 3. 他の不要なものは処分です。 目にも気遣いを 老眼バリバリの年齢ですので、目が疲れます。 時々、遠くを見て、目の管理も忘れない様、行動しました。(ここが大切です) やっておいてよかったという達成感と老後の安心度の増加 その結果、保管していた収納箱が4つ空き、気持ちもスッキリです。 この箱たちが、お役目を終え、次のお客さんを待ってる様にも見えました。 いつでも何かを入れることができる様、しばらくはお荷物預かりクロークの場所として、使う予定です。 終活、誰もに訪れるこの世界からの大移動、 その時のためだけではなく、 それまでを気持ちよく生きるために、 最小限のお気に入りのモノだけで、 安心して暮らしましょう! 今空いた白いファイルボックスですが、縦でも横でも使えるのでオススメです。 立てて、書類を入れてましたが、 横にして畳んだ服を入れることもできますよ。(冬物のセーターなどは1枚か2枚入ります) (こちらはニトリで買いました) A4ファイルケース(オールホワイト)6個セット ニトリ 【送料有料…

続きを読む