【老後前に】簡単にできる料理を開拓しておこう。皆さんは季節の素材を使い切れていますか?

できるだけ旬の食材を食べると良いと聞きます。 もちろん新鮮ですから身体に偏諱も与えてくれそうですよね。 今回はそんな旬の食材を使い切る習慣を身につけるために、簡単で食材を大量に使える料理を紹介します。 今日はきゅうりが安く売ってたので、きゅうりを使って、簡単な料理を作ってみました。 材料は きゅうり塩昆布ごま油わさび これだけです。 きゅうりは両端を切り、塩ずりしてから叩いて一口で食べれる大きさに手でちぎります。叩く時はビニール袋に入れて、綿棒などで叩くと飛び散らなくて良いです。 そこに塩昆布を適量(塩分があるので、控えめに)入れて混ぜる。 そのあと、ごま油に『わさび』を入れて混ぜておき、きゅうりと塩昆布の混ぜたものに加えて混ぜます。 これ、『わさび』を入れるのがのがミソなんです。塩昆布を少なめにして塩分を減らしても、わさびの味で充分味がつくので、塩分の取りすぎを注意できます。 これで終わり! 写真の撮り方が下手で、美味しそうに見えないかもしれませんが…結構いけますよ。お酒のあてにもなり、便利です。 このように、簡単に作れる料理を、さっと作る習慣を身につけておけば、旬の食材を有効に食すことができます。 私は将来ベランダ菜園をしたいと思っています。今はまだネギくらいですが(笑) 予定では、ネギ以外に、ハーブ、ミニトマト、パセリ(ビタミンCがたっぷりなんです)サニーレタスなどを作ってみたいと思っています。 ミニトマトは卵と混ぜて胡椒をたっぷり入れ、オムレツに出来ます…

続きを読む