【ストレスを軽減】普段の生活のちょっとしたストレス、を減らしてみよう。靴下がくるくる回る方必見!

私はいつも靴下が履いているうちにくるくる回り、かかとが上に来てしまったりしていました。 その度に履き直しをするのがストレスだったにも関わらず、何年も履き直しをしていたんです。 そこで、靴下(ソックス)でくるくる回らないものがないか?やっと探してみたら、 ありました!しかも、とても身近に。 こちらに写真の上の靴下がくるくる回らない靴下です。 かかとの部分が直角の仕様になっているんです。 写真の下はよくあるかかとの部分が斜めになっている靴下です。 この差だけで随分違うようで、今までのように、靴下がくるくる回って、かかとが上に来たりしないんです。 このかかとが直角の靴下は、無印良品で売っていました。 なんと、3枚で990円というリーズナブルな価格。 もし、私のような靴下かくるくる回ってストレスを感じている方がおられたら、 一度試してみてください。 ほんのちょっとのストレスを解消するだけで、気持ちは楽になります。 他にも家の中の家具や自分が着る衣類などで、ストレスになるものがあったら、 どんどん解消していく手段を探してみましょう。 ストレスは知らない間に溜まっていきます。 老後の心の持ち方に影響する前に、 老後前から心を大切に行動していきたいと思います。 靴下がピッタシでなければ、安全に暮らせません。 今から、安全に暮らせるモノを選んで買っていきましょう。 こちらのインナーソックスも良かったです。脱げないから履きやすいです。 …

続きを読む

【老後前から】肩こり首こりを簡単に直すツボ! 毎日押しているとかなり楽。

まだまだ猛暑が続く毎日です。。。 昨日の夕方、我が家のベランダから見た景色がこれです。最近、書類を書くことが多く、目が疲れたので、ゆっくりと景色を眺めました。 遠くを眺める事は目にいいですね。  さて、本題です。 久しぶりに肩こり、首こりが出てきました。 スマホを見る姿勢にも問題があると思います。 そこで、毎日のツボ押しで、 今後の肩こり、首こりを軽減することにします。 首のコリと目の疲れに効果のあるツボ。 パソコンやスマホ疲労を解消するにはピッタリのツボ。 と称するのは 風池(ふうち)・天柱(てんちゅう)頭のマッサージでも紹介したツボです。 その他に万能のツボと言われる合谷(ごうこく)手の甲にある万能ツボ。 このツボの効果を調べてみると、 頭痛・肩こり・花粉症・難聴・歯痛・眼精疲労・高血圧・にきび・アトピー・風邪のひき始め・便秘・下痢・生理痛・いびき・五十肩・寝違え・神経過敏・入眠困難・精神不安・めまい・物忘れ・無気力・・・など とたくさんありました。 私自身の経験では、鼻づまりの時、この合谷を押すと詰まってた鼻がすーっと通ってきます。 肩こりにも効くとは知りませんでした。 このツボは1日に何回でも押すことが簡単にできます。 私は鼻が詰まったときにしか押してなかったのですが、こんなに沢山の効用があるのであれば、隙間時間にちょくちょく押してみようと思います。 私はあるものを使ってツボを押しています。これです。 スリムセラという顔…

続きを読む

【老後対策】今後も続くであろう末端冷え性の対策していますか?着圧靴下の効果!

55歳くらいから、夏でも足が冷える身体になってきました。クーラーはあまり使わないのですが、それでも足が冷たい感覚があります。 まず、お腹を温めると良いと聞き、腹巻を使用しています。夏はシルク製の薄手の腹巻にしています。それだけでも冷えはずいぶん楽になりました。 ですが、やはり膝から下が冷たい感じがあるので、むくみ取りも兼ねて着圧ハイソックスを履いてみました。 すると、冷えを感じなくなったのです。もちろん腹巻の成果もあるとは思います。着圧ハイソックスですので、肌にぴったりくっついているせいなのか?冷えが改善されています。 私が愛用している靴下は足の指を開く機能も付いたものですので、その効果もあるのかもしれません。そして、着用しながら動く事もでき、動くと足指を刺激してくれるので、その辺りも関係しているのかな、と思ってます。画像が鮮明でなくて申し訳ないです。なんとなく構造がわかっていただけたら幸いです… 冷えの対策として、ストレッチを隙間時間にしていますが、ずっと起きているわけではないので、寝ている時に、このソックスで対処してみました。夜中にトイレで起きたり、愛犬の世話で起きたりしますが、不便はないです。 不便だな、と思う事は、指の間の部分が分厚いので、その部分だけ乾きにくい事くらいです(笑) あまり長い時間の着圧用品の着用は血の流れの妨げにもなるので、時間を決めて利用していこうと思います。 それと同時に、食生活で冷え対策もしていきます。暑い時期も温かいものを食べて、内臓を冷やさないよう…

続きを読む