【日本のスーパーフード】と言われているもの、なんだか知っていますか?

海外からスーパーフードと言われるものがたくさん出てきていますが、
日本にもスーパーフードがありました。

日本のスーパーフードとは?



それは  酒粕です。

酒粕とは、日本酒の製造工程の中で出るお酒の搾りかすのこと。

昔から、甘酒やお漬物などで使われてきました。

この酒粕にとんでもないほど沢山の栄養分が含まれています。


酒粕の栄養分



酒粕にはさまざまな成分が含まれていますので、
身体にとって有効な作用を期待できます。
美容とダイエットにも効果的な成分が豊富です。
さて、その栄養分について説明させていただきます。

まず、タンパク質でありながら、食物繊維のような機能を持つ成分、
『レジスタントプロテイン』
が含まれています。
このプロテインの特徴は、胃の中で消化されずに腸まで行き、腸内で脂肪を吸着してから排出する働きがあると考えられています。
食後の中性脂肪が上昇するのを抑制する効果や肥満予防にも役に立つという研究結果も報告されました。
まさにダイエットや肥満予防にはもってこいのプロテインですね。

その他の栄養素は、
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6

こちらも豊富に含まれています。
これらのビタミンは、糖質や脂質、タンパク質のエネルギー代謝には必須なもので、
肌荒れを防いだり、神経や筋肉の働きを正常に保つ働きがあります。
また、不足すると貧血の原因にもなる栄養素である『葉酸』も豊富に含まれています。

酒粕を摂取する方法

酒粕を食べる方法としては、お味噌汁に入れて粕汁にする、
甘酒として飲む、
粕床を作って、魚や肉、野菜、チーズなどをつけて食べる、
などがあります。

美容に効く方法としては、酒粕パックが簡単で良いです。
酒粕には、
アルブチン(美白効果)
コウジ酸(保湿効果)
など肌に良い成分が含まれています。
抗酸化作用があり、メラニン色素の抑制する効果もあるとのことですから、直接肌にパックすると、
保湿効果、美白効果が期待できます。


参考までに酒粕を使ったパックの方法をご紹介します。

酒粕500円玉大のかたまりに、その半量の精製水をよく混ぜ、ペースト状にする。
それを手や顔に塗って、10から15分置き、洗い流すだけです。
(アルコールで肌が赤くなる方は、電子レンジで加熱してアルコール分を飛ばしてからお使いください)


酒粕を使って、身体の健康にも、美容にも役立つということが分かっていただけましたでしょうか?
老後を迎える前から、日本のスーパーフードを取り入れて、身体も肌も綺麗になってみたいですね。
身体に良いものを取り入れているという自信が、老後を明るく迎える準備にもなります。
女性でしたら、顔や手は年齢が出やすい箇所でもありますので、お手入れで綺麗になると心が若くなります。
シワシワの手を毎日見るより、保湿効果を利用して綺麗な手を見る方が心も明るくなること間違いないです。
高い化粧品で若さを保つ前に、スーパーフードを利用してみてください。
酒造で働く方々の手が綺麗だと聞いたことがあります。
これがその秘密だったわけですね。

自分の手は、毎日自分の目で見ますので綺麗になってくると嬉しいものです。
女性の方は是非ともトライしてくださればと思います。
手が綺麗だと、老後の不安も縮小される可能性があります。
不思議なもので、自信が出てくると不安は消えて行きます。
だんだん綺麗になる過程が楽しみになるからです。
小さな楽しみを持って、老後を迎えましょう。
人生まだまだこれからです!
AEE1F542-3A95-4CD5-A5B0-68011CB222C2.jpeg


私はネットで購入し、小分けして冷凍します。(重たいのもあるが、ネットの方が安いので)
解凍は冷蔵庫の中で自然解凍、パックにしたり、お味噌汁に入れたりと重宝しています。
冷蔵保存でも約半年持つとのことです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酒粕 バラ粕しっとりめ 純米酒粕 5kg
価格:3000円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)










この記事へのコメント