【頻尿】とは?老後に向けて今から対策を知っておく。

年齢とともに増えていくのが、おしっこの回数。
特に夜間にトイレに起きるようになると、睡眠に支障が出てきますので、厄介です。

そもそも頻尿とは、どのくらいの回数トイレに行くことを言うのでしょうか?




日中 8回以上
夜間 1回以上

トイレに行くことを頻尿と言います。


夜間頻尿の多い方の死亡率は高いそうです。
歳をとると夜に起きること自体が危険だと言うことなのでしょう。
眠たいのに起きるんですから、転倒する可能性も高いです。
頻尿は過活動膀胱とも言われています。


頻尿体質かどうかを見分ける方法



足にむくみのある方は頻尿になりやすいです。

足がむくんでいるかどうかを自分で試す方法↓

足のスネ部分を指で押してみて、すぐに元に戻るかたはむくみがありません。
指で押した箇所が元に戻らない(指の跡が残ったまま)、
また戻るのに時間がかかると言う方は足がむくんでいる証拠です。
足がむくんでいる方は夜間頻尿になりやすいとされています。

夜間頻尿をなくす方法


夜寝ている時にトイレで起きる方、つまり夜間頻尿の方は、入浴をすると良いです。
身体の中の水分が尿になるまでには、3時間かかります。
なので、就寝の4時間前くらいにお風呂に入ることをお勧めします。
入浴で、余分な水分が老廃物として体の外へ出てくれます。
そして、就寝時にトイレに行ってから寝るのが理想的です。

その他、足のマッサージをしたり、足を高くして寝るなどの工夫も効果があります。

夜ごはんを食べた後はカフェインの入った飲み物は控えましょう。
コーヒーやお茶には利尿作用が含まれていますので、夜中にトイレに行く可能性が高まります。

あと、骨盤底筋を日頃から鍛えておくのも頻尿の予防になります。

*関連記事*
【老後対策】をながら作業で。尿漏れ対策してますか〜?



頻尿は他の病気からきている場合もあるので、対策を実行しても治らない時は、泌尿器科で診てもらうようにしてください。他の病気の薬の副作用や糖尿病、膀胱炎から来ている頻尿もありますので、鹿あり検査してもらえる病院へ行ってください。

年齢とともにいろいろな体の変化が現れますが、
老後前から対策を知っておき、実行しておくと、安心して老後を迎える1つの材料になります。
不安は前もって排除して行く習慣をつけて行きましょう。
5675E234-3E01-49ED-AB34-614BBEE74187.png






この記事へのコメント