【50代後半 失業保険給付期間】の過ごし方。今後を考慮して動く。

私は今58歳、あと1ヶ月で59歳になります。
今年の8月に早期退職をして、現在失業保険を給付中の身です。
怪我で退職を決断したため、失業保険は待機期間なしで9月(退職した翌月)からもらっています。

*関連記事*
人生の岐路、迷いの中、決断して、これからの道を前向きに考える方法。


失業保険給付中も従業規則(時間)を守れば働けます




この給付期間に仕事を探せたら一番良いのですが、なかなか希望の仕事が見つからないのが現状です。
だからと言って、年齢柄このまま家にいたら、次に働く時には頭も身体もついて行けないんじゃないか?という不安が出てきました。

そこで、職安に聞いてみたところ、週に20時間未満は働いても良いということが分かったのです。
ただし、働いた日の分の失業保険の給付金はもらえません。

家にいて、給付金をもらう方が得?という考えもありますが、今後まだ働きたい私は、今の期間に求職活動をしながら、
少しでも社会に関わっておきたい気持ちの方が強いのです。
それに、週に2日、1日につき8時間働けば20時間を超えません。
それに時給1000円で8時間働けば、私の場合、1日の失業給付金より多いので、少しでもお金になります。


今しかできないことに挑戦しようと思った




そこで、今の期間にしかできないことをしてみようと、派遣に登録して、色々な仕事に挑戦してみることにしたんです。
私は長い期間、同じ仕事に携わってきたので、やったことのない仕事が山ほどあります。
この期間を利用して、今まで携わってない仕事に挑戦することによって、今後の再就職の基準にもなるのではないか、
と思います。
また、これが刺激にもなって精神面にも良いです。(笑)
このまま家に引きこもって、おいおい仕事を見つけるなんて、余裕のあることを考えていたら、
まず頭の回転が鈍くなるし、今後どんな仕事が出来るかもわからないです。
(怪我が後遺障害になったこともあってできる仕事を探しています)

派遣の仕事をするのは始めてですが、単発で1日だけ、とか、週に2日から、とか色々あるようです。
色々な仕事に行くと、自分に合う、合わないもわかりますし、たくさんの人と関われるいい機会にもなっています。



これからまだ人生は長いです。
私としてはせめて65歳までは働きたいです。(あと7年)

老後資金が不安で、仕事ができる状況なら、働きましょう。

不安に向き合ってばかりではお金は増えません。減るばかりです。

何事も、今の状況を無駄にしない選択をして、不安を断ち切れるよう努力しましょう
41F78B06-FD5D-40E2-8542-3C081FB378B7.jpeg






この記事へのコメント