【高齢化社会】をどう生き抜くか?考えたことありませんか?

毎年敬老の日を迎えると、祝日である、おじいちゃん、おばあちゃんに感謝をしよう、と思う気持ちになります。先日、今年の90歳以上の人口が9月15日時点で1年前より14万人増えて206万人となったという記事を見ました。90歳以上の方が200万人以上になったのは初めてだそうです。 人口の高齢化が進んできたので、高齢者を支える社会の仕組み作りが大きな課題になります。 高齢化を自分にも当てはめてみよう 医療技術が進歩し、長生きできる人が増えて、老齢人口が増えるのみならず、個人の長寿化が私自身の心にも響いてきました。 個人にとっては、老後の期間が長くなることへの備えが必要になってきます。その備えとは資金と健康です。 寿命は90歳を元にして考える必要があるな、と思いました。私は今58歳ですから、あと、32年あるわけです。 そして何よりも大切なのは身体のメンテナンス!ここを優先しないことには医療費がかかって老後資金が破綻してしまう可能性があります。 私は今、歯の治療に通っているのですが、しっかり食べれる歯を今のうちに確保しようという作戦です。体重管理や低糖質ダイエットも老後を元気に過ごせる身体を作りたい思いからは始めてみました。 下半身の筋トレ(すごくゆるいトレーニングです)ストレッチなども老後のための身体にとっての蓄えとなるでしょう。 皆さんも、老後の資金の不安を考える前に、身体のメンテナンスをしていきましょう。先の不安は心に良くないです。心が不安になったら、身体を動かす努力に変えていき…

続きを読む

【老後のための精神力】の鍛え方、知っていますか?

人間は歳とともに身体にも心にも老化が始まるのでしょうか? ふさぎ込むときが出てきます。 それは将来への漠然としたお金の不安、 体調不良になれば、これからの自分の身体への不安、 あるいは、孤独からくるものも多いでしょう。 精神力を強くする そのために、今から強い精神力をつけておくに越したことはありません。 精神力をつけるための方法の1つとして、本から学ぶ方法があります。 ただ、本を一度読んだだけで、読んだ内容を全部覚えておき、くよくよした時に うまい具合に思い出せるでしょうか。 これは心に残したいという文章があるときは、何度か読み返すことが必要になってきます。 しかし、読んでいるだけでは身につかないように感じるようになりました。 身体を使って頭に残していくのが良いのでは?と思ったのです。 そこで大事と思った箇所は『音読』を繰り返します。 自分のために大切だと思った言葉や文は、メンタルを強くするための要素として頭に残したい。 そのためには音読してみてください。何度もです。 小学校の時に何度も歌った歌のメロディーを、今でも口ずさむことができたりするのと 一緒の原理なんです。 身体を使ったことは脳が勝手に覚えてくれたりするんですね。 身体を使って、良いと思える言葉を、自分の頭の中で「型」にしてしまうんです。 その型の量を増やし、老後も今も、凹んだ時に使える強い精神力を養っていきましょう。 今からでも遅くはないです。 この言葉、覚え…

続きを読む

【光熱費の節約】水道代が減った!少しの努力と習慣で、資源を大切にしよう。

今日、ポストを開けると、水道代の明細が入ってました。 この頃、水の出しっ放し、歯磨き時のコップの使用、洗い物時の水量の調節、と、あらゆる箇所で、水を大切に使う努力をし、習慣になって来たところです。 水道は2ヶ月に1度の検針ですので、2ヶ月分が合算されて明細に載ってました。 私は家計簿に毎月1日の日に前月分の光熱費をつけ、 同じく毎月1日に家や車にかかるお金、(固定資産税等、税金類は一年分を12ヶ月で割った金額) 保険類(同じく1ヶ月分に値する金額)を家計簿に記載することにしています。 下記が水道料金の明細です。↓ 僅かですが減っているのがわかるでしょうか? 月によって使う量は変わって来ますが、だいたい同じような量になると仮定して、 予算を立てています。 我が家の水道の蛇口?は下から上に上げると水が出る仕組みのものですので、 今までは、つい勢いよく上へあげてしまいがちでした。 しかし、水量を意識しだしてからは、そーっと上げる習慣が身に付き、随分と水量は減ったと思います。 日本の飲める水、皆さんで大切に使いたいと思います。

続きを読む