【老後前に】身体に良い習慣をつけたい、どうしたらいい?、まずは続けやすい環境を作ることを優先にしよう。

私は毎日体重を計っています。低糖質ダイエットをしてからは、毎日計るのが日課になりました。 そして体重計は洗面台の下に収納していました。 現在私は手首の筋を痛めているので、洗面台の下から体重計を取り出すのが正直、苦でした。取り出すたびに手に痛みが走ります。。。 そこで、収納をやめて、洗面所の片隅に置くことにしました。これだと、両手で真ん中まで位置をずらすだけで計れます。 以前の収納はこれです。↓ここから体重計を出して、計り、仕舞う、を繰り返していたんです、何ヶ月もの間。。。 出来るだけ収納出来るものは収納して、スッキリしたかったのでしょう。 年を重ねてくると、見た目よりも、身体への負担を優先する方が良いと気付いたんです。 こうして、体重計の位置を変えるだけで、出し入れの際の苦がなくなり、後回しにすることがなくなりました。ついでに、毎回体重計をさっと拭くようにもなりました。 体重計だけでなく、他にも出し入れが苦になっている何かがあるのではないか?と現在模索中です。 物を減らしていくと、スッキリを目指しすぎてしまいます。 スッキリしたものの、あれはどこへ収納したんだろう?と探すことが頻繁にあります。 物を減らす事と、スッキリさせる事を分けて考え、老前の体力のある間に、老後に動きやすい生活環境を作っていくことが必要です。 もっと物が少なくなると、もはや収納すら要らなくなるのかもしれません。 早くそうなりたいです(笑) ですが、老後前と言っても60歳前の年齢ですから、自分の身…

続きを読む