【老後前から】使い捨てをなくして節約しているもの。キッチンの換気扇カバー。

うちのキッチンの換気扇は縦に長方形のカバーが3つ付いている、こういうタイプなものです。 写真が上手く取れてないので分かりづらいですが、3枚の縦型カバーが横に並んでいるタイプです。 このカバーに使い捨ての紙仕様のカバーを被せて(貼り付けるタイプもあります)汚れたら取り替えるという、使い捨てタイプのものを使ってる方が多いと思います。 しかし、うちのこの換気扇カバー、これが優れものでして、このカバーごと、水洗いできます。このように一枚ずつ外して、キッチン用洗剤を使ってたわしでこすります。これが、換気扇専用に買ったたわしです。たわしですので、細かい穴の中の汚れも、たわしの毛先が擦ってくれて綺麗になります。100均でゲットしました。枝の長さがちょうど良いので助かっています。使った後は、蛇口にかけて干しています。 少しの誇り程度なら、洗剤なしの水洗いでも十分綺麗になります。油汚れが付いていると思った時だけ、洗剤をつけて洗っているくらいです。 かれこれ8年前くらいに買った換気扇カバーですが、何かのカタログで見つけて購入したように記憶してます。(どこで買ったか、すっかり忘れてしまいました)今なら、いろいろなところで、同じような洗える換気扇カバーが幾つかあるのではないでしょうか。 換気扇のカバーの使い捨ては、 ゴミが増えるので環境に優しくない、替えるのも面倒、買いに行くのも面倒、 といった理由で、この商品を利用してます。 節約とはお金だけじゃないですね。ゴミを減らすことも環境にとっての節約につなが…

続きを読む

【老後前に】身体に良い習慣をつけたい、どうしたらいい?、まずは続けやすい環境を作ることを優先にしよう。

私は毎日体重を計っています。低糖質ダイエットをしてからは、毎日計るのが日課になりました。 そして体重計は洗面台の下に収納していました。 現在私は手首の筋を痛めているので、洗面台の下から体重計を取り出すのが正直、苦でした。取り出すたびに手に痛みが走ります。。。 そこで、収納をやめて、洗面所の片隅に置くことにしました。これだと、両手で真ん中まで位置をずらすだけで計れます。 以前の収納はこれです。↓ここから体重計を出して、計り、仕舞う、を繰り返していたんです、何ヶ月もの間。。。 出来るだけ収納出来るものは収納して、スッキリしたかったのでしょう。 年を重ねてくると、見た目よりも、身体への負担を優先する方が良いと気付いたんです。 こうして、体重計の位置を変えるだけで、出し入れの際の苦がなくなり、後回しにすることがなくなりました。ついでに、毎回体重計をさっと拭くようにもなりました。 体重計だけでなく、他にも出し入れが苦になっている何かがあるのではないか?と現在模索中です。 物を減らしていくと、スッキリを目指しすぎてしまいます。 スッキリしたものの、あれはどこへ収納したんだろう?と探すことが頻繁にあります。 物を減らす事と、スッキリさせる事を分けて考え、老前の体力のある間に、老後に動きやすい生活環境を作っていくことが必要です。 もっと物が少なくなると、もはや収納すら要らなくなるのかもしれません。 早くそうなりたいです(笑) ですが、老後前と言っても60歳前の年齢ですから、自分の身…

続きを読む

【老後前から】肩こり首こりを簡単に直すツボ! 毎日押しているとかなり楽。

まだまだ猛暑が続く毎日です。。。 昨日の夕方、我が家のベランダから見た景色がこれです。最近、書類を書くことが多く、目が疲れたので、ゆっくりと景色を眺めました。 遠くを眺める事は目にいいですね。  さて、本題です。 久しぶりに肩こり、首こりが出てきました。 スマホを見る姿勢にも問題があると思います。 そこで、毎日のツボ押しで、 今後の肩こり、首こりを軽減することにします。 首のコリと目の疲れに効果のあるツボ。 パソコンやスマホ疲労を解消するにはピッタリのツボ。 と称するのは 風池(ふうち)・天柱(てんちゅう)頭のマッサージでも紹介したツボです。 その他に万能のツボと言われる合谷(ごうこく)手の甲にある万能ツボ。 このツボの効果を調べてみると、 頭痛・肩こり・花粉症・難聴・歯痛・眼精疲労・高血圧・にきび・アトピー・風邪のひき始め・便秘・下痢・生理痛・いびき・五十肩・寝違え・神経過敏・入眠困難・精神不安・めまい・物忘れ・無気力・・・など とたくさんありました。 私自身の経験では、鼻づまりの時、この合谷を押すと詰まってた鼻がすーっと通ってきます。 肩こりにも効くとは知りませんでした。 このツボは1日に何回でも押すことが簡単にできます。 私は鼻が詰まったときにしか押してなかったのですが、こんなに沢山の効用があるのであれば、隙間時間にちょくちょく押してみようと思います。 私はあるものを使ってツボを押しています。これです。 スリムセラという顔…

続きを読む