人間関係で悩んだ時、自分の感情を無にする方法を試してみる。

ブッダの言葉で 『毒は解毒剤で制す』 というのがあります。 簡単に、毒は毒で消すということなのでしょう。 かなり違う方向の例えですが、床に油性のマジックで書いたものを、油性のもので消すことができたりする。こんな感じでしょうか。 人間には感情があり、ほとんどの人間関係は、この感情がコントロールできるか否かで、解決できるかできないかが決まると思います。 人間関係というくらいですから、自分に相手がある時のことになります。単独での行動、言動で悩んでいるわけではない時のことです。 しかしながら相手を変えることは出来ません。 自分がどう受け止め、どう考えていくか、で解決の糸をつかみます。 怒りに怒りの感情で対応すると、ぎくしゃくした関係は拡大します。 そこで毒は解毒剤を使って対応します。 *自分のことをにらむ人には、微笑みで返す。 *わがままを言う人には、とことん親切にしてあげる。 *自分を非難する人には、逆にその人を評価してあげる。 こんな感じです。人をにらむ人、わがままを言う人、人を非難する人、この三者には共通点があります。 《 自分を承認してほしい 》 そうこれです。この三者の人は、常に誰よりも認めてほしいんです。 人の心は合い鏡、という言葉がありますが、相手が怒っていたら、自分も怒りたい感情になるのです、合い鏡ですから。 しかし、同じ視点でいても関係はよくはなりません。怒っていたら、その逆をします。怒らない、という感情を選択するのです。わがままな人の前では、わが…

続きを読む

午前中に日光を浴びるだけでダイエット効果がある?って本当?

体内時計というのがあると聞いたことがあります。そこで、ダイエットとの関連があるかどうかを調べてみました。 体内時計のサイクルは、24時間10分で、1日に10分の差が生じます。その差をきちんとリセットしてやることが、健康な身体づくりには欠かせないそうです。そこをリセットすることでダイエットにも効果があるそうです。 体内時計のリセットは朝早いうちに明るい光を浴びること。また、昼に近付けば近付くほど光のリセット能力は低下していきます起床後、2時間以内が理想的で、昼に近づくほどリセット能力が落ちていくそうです。 早起きするだけで、そして朝日を浴びることでメリットがあるのです。
普段の生活の中でのちょっとした心がけで、
健康な身体づくりができ、ダイエットにも影響があることがわかりました。 では、心の中にも効果があるのか?こちらも気になり、調べました。 太陽の光を浴びることで、脳内のセロトニンの分泌を促します。
セロトニンの不足は、ストレスを溜め込みがちになったり、
マイナス思考に陥りやすいと言われています。
ですので、光を浴びることは健全な精神面を作り上げる手助けになります。 先ず、午前中のパフォーマンスがあがる
朝日を浴びようとすることにより、時間的余裕がうまれます。
朝ご飯をきちんと食べると血糖値が安定し、
体調も整い、集中力も高まります。 そして、体内時計のリセット
。朝日を浴びるとメラトニンの分泌量が少なくなり、身体が休息モードから活動モードへと切り替わります。
そ…

続きを読む