新しい勉強を始める。50代60代からでも遅くない!最高の脳トレ!

人間年齢を重ねると、身体のどの部分にも老化が現れてきます。 これは自然現象です。 この現れてくる老化を食い止めるには、そのための努力をするかしないかです。 身体の内側部分なら、食事で改善を試みます。 顔のたるみ、身体のシルエットなら、トレーニングすることで改善を試みます。 心の部分なら、気持ちの整理、切り替えで改善を試みます。 上記と同じように脳も老化してきます。 脳の老化は脳をトレーニングすることで改善を試みることができるのです。 脳トレが流行っているのは、脳の老化を食い止めようとする意識を持つ人が増えたためでしょう。 私も年齢とともに、自分の脳が老化してきていることに気づきました。 最近、覚えるのが苦手になったり、忘れてしまっていることがあったりという経験が増えました。 しかし、いくつになっても、頭を鍛えることはできると私は思っています。 そして新しい勉強を始めることに挑戦しようと思ったわけです。 それは    『心理学』    です。 詳しくいうと 神経言語プログラミング、というものです。 私はこの心理学を10年ほど前から取り組みたいと願っていました。 それがどうして今になったか? 言い訳をしてきた、の一言です。 忙しいから時間がない お金がない 私には無理 この3つの言い訳を繰り返してきました。 そうです、10年も言い訳をしていたんです。 ですので、この心理学自体、すでに私とは全くもって無関係な事柄…

続きを読む

カルシウムを摂るための工夫。骨を強くしようと意識する!

ダイエットしたいがために糖質にこだわっているが、大切な骨についても意識しようと思ってきました。 骨を強くするものとして、カルシウムの存在は誰もが知っていることですが、果たしてちゃんと撮れているのか?を、考えてみました。 そのためにカルシウムを摂取する工夫を考えてみました。 *1日3食ちゃんと食べよう。3食しっかりとらないと、必要な栄養素が不足するので、カルシウム不足はもちろん低栄養状態をまねいてしまいます。骨量の維持には3食きっちり食べるが不可欠! *魚は骨まで食べられるものを選ぼう。煮干し、じゃこ等、骨まで食べられるものを意識して食べることにします。 *ビタミンD、ビタミンKと一緒にカルシウムを撮ろう。カルシウムの吸収を助けます。カルシウムが骨へ取り込めるのを促してくれるそうです。 *飲み物に牛乳や豆乳を選ぼう。カルシウムがたくさん含まれるている飲料を意識して毎日飲んでみよう。コレストロールが高い人は牛乳を、低脂肪や無脂肪に変えてみると良いです。 〜カルシウムを多く含む食材〜 ししゃもイワシ干しエビしじみしらす干し 生揚げ木綿豆腐納豆 ヨーグルトスキムミルクアイスクリームチーズ牛乳 小松菜チンゲン菜切り干し大根乾燥ひじき干しわかめいりごま これだけの食材があれば、自分にあったものが必ずあります。骨粗鬆症を予防するために、日頃からカルシウムを摂る意識を今のうちに習慣づける必要性がありそうです。 ダイエットして痩せても、骨が弱くならないような工夫を加えてみます。 …

続きを読む

苦手なものを得意にするまでの過程。新しいものに慣れるには毎日使い続けるしかない。

パソコンを買い換えてひと月以上になるが、どうも使い慣れていないように思う。 その原因を探ってみた。 最初のうちは使い勝手の良さに浮かれていたが、どこかでつまずくと、使い方に慣れてないせいにして、作業を止めてしまったりしている。 それはなぜか?  飲み込みが悪いのを年齢のせいにしている。普段の生活では経験のあることにしか手をつけていないことの方が多い。本気で取り組んでいない、できなくても困らないと決めている自分がいる。 と、このような理由が浮かんで来た。 このできなくても困らない、はスマホというツールで殆どの事がこなせるからであろう。 ここから掘り下げて考えてみた。 では何故新しいパソコンを買ったのか?古いものよりも使い勝手が良い、そして、新しいものに挑戦したいと思ったからである。 この挑戦を決めたのは他でもない自分。 なのに、常に言い訳をしているのだ。 年齢だったり、時間がないから取り組めない、とかの言い訳は簡単に浮かぶのである。 心は楽することを考える傾向があるから、ちょっと油断したら言い訳がいくつも浮かんで来たりする。 これからの生活、より少ないものでコンパクトな生活を望んでいるのであれば、必要と思って残しているものを使いこなす努力をしていかないと、いつしか新しいものものはじゃまな不要なものに変わっていく。最終的にはせっかくの挑戦も断捨離せざるおえなくなる。もちろん、必要と思ったものでも、やって見て(使ってみて)自分にとって不要だと思ったもの…

続きを読む